木を削る、削る、削る、塗る。

オイル仕上げのテーブル天板の利点のひとつに、

削ってしまって、傷やシミ、汚れなどを落としてしまえる点があります。

BRUNCH専門工房では、削ってオイルを塗ってメンテナンスをする、

そんなお仕事がたくさんあります。

ウォールナット一枚板の削り作業中

写真は、W2700mmのウォールナット一枚板のメンテナンスをしています。

まずは荒い番手の紙やすりで、シャキシャキと削っていきます。

大きな傷や深くまで染み込んだシミを取り除きます。

削りで出る粉

知らないと怖くなるほど、木の粉が出ます。

このサイズの天板ですと、簡単なメンテナンスでも
ヤクルトの容器一杯分くらいは出ます。

でも、ご安心ください。これでも1mmも削れません。
だいたい、0.3mmといったところ、
定規の目盛りではわからないくらいです。

1mm削ろうと思うと、手削りでは一日かけてもとても削れません。

こうやって粗削り、中削り、仕上げと削っていって、

オイルを塗って完成します。


傷も綺麗に消えて、美しく仕上がりました。

写真ですと少し白い感じですが、
実際にはしっとりとした深いウォールナットの天板となっています。

日々、工房ではメンテナンスも心を込めて作業しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です