チェアの補強

今日の工房は何をしているか覗いてみると、
チェアの脚と貫の接合部の補強作業をしていました。

上の画像のように、脚と貫の接合部に補強が特にされていない
チェアに、補強作業を行います。

まずはこんな感じで、ドリルでビスを入れるための下穴を開けます。
今回は一つの接合箇所を2点補強するので、2か所穴を開けます。

こんな感じで下穴が開きました。

次にこの穴にビスを打って補強します。
この円柱状の脚の横から差し込んである貫の先端、
脚に刺さっていて見えないところに、「ホゾ」という
パーツがついており、そこめがけてビスを打ちこみ、
その「ホゾ」が抜けたり緩んだりしにくくします。

2ヶ所ともビスを入れ終わりました。

あとはその穴を埋め木で埋めて目立たなくします。
まずは穴にほぼ同じ径で少しだけ大きい木の棒を、
ボンドを入れてから差し込みます。

ボンドが乾いたら棒の出っ張ってしまっている
部分を切ってから、やすり掛けして整えます。

仕上げにオイルを塗って完了です。

BRUNCH専門修理工房では、このように
家具の修理や必要に応じて補強なども
行っております。

全ては弊社の家具をより長く、より安心して
お使い頂くためです。

それでは今回はこんなところで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です