工房便りがはじまりました!

BRUNCHでは、お買い上げいただいた

家具を末永くご愛用いただけるよう、

目黒通りに専門修理工房を構えております。

 

専任のスタッフが、

メンテナンスや修理、張り替えなど、

様々な角度から皆様の大切な家具を

サポートしております。

 

工房便りでは、

そんな専門修理工房の様子を皆様にお伝えしてまいります!

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

さて初投稿の本日の工房便りは、、、

修理工房で普段使っている研磨用工具をご紹介いたします。

修理工房では傷の削りに

「サンダー」と呼ばれる専用の工具を使うことがあります。

サンダーとは、サンドペーパー(紙やすり)を床面に装着し、

モーターの力で細かく振動させることで、

木材を研磨することができる電動道具です。

 

材料に軽く押し当てながら、前後に動かして研磨します。



 <サンダーの種類>


オービタルサンダー
オービタルサンダーのパッドは、1万回/分の速さで、怪2回程の楕円運動をしています。
この細かい動きと平らなパッドで、板に密着させての作業が可能になります。
正確な平面と滑らかな仕上げが得意なサンダーです。

■ベルトサンダー
キャタピラーのようにつながれたサンドペーパーを連続的に循環させることで研磨を行います。
広い面を一気に研磨できるのが特徴です。

 

専門スタッフは、
このように、専門の研磨工具を使って、
お客様の大切な家具を、メンテナンスしております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です